人形の東月

アクセス
お問い合わせ
守りたいものがあります。

正月物

  • 羽子板
  • 破魔弓
  • こおだわり

破魔弓

元は魔や厄災を払い除くという神事用の弓です。弓は元々武器の一つですが、その威力から邪気を払い悪魔を恐れさせると言う特別な力が備わっていると考えられてきました。「はま」は弓矢で射る的、もしくは的射の競技を意味する語で、後に「破魔」の字を当て魔を射る矢として解釈されるようになりました。現在の形を築いてきたのは鎌倉時代以降と言われ、家内安全を祈るようになりました。初正月には男の子をお祝いする風習が各地に元々あり、男児の玩具弓と結びつき男の子の健やかな成長を祈る飾りになっていたようです。
page top