人形の東月

アクセス
お問い合わせ

趣味の人形

  • 博多人形
  • 御所人形
  • 風俗人形
  • 別誂人形
                  

博多人形

一六○○年(安土・桃山時代)黒田長政の筑前入国、そして舞鶴城建築の際に多くの職人が集められ、その職人の中から素焼き人形が生まれたと言われています。江戸時代後半には正木宗七・中の子吉兵衛・白水武平と言った名工達が活躍して現代の博多人形の下地ができました。明治時代になりパリなどの国際的な博覧会で高い評価を受け日本を代表する人形として「博多人形」の名で知られるようになりました。そして人形の部では全国で初めて「伝統工芸品」に指定されました。
page top