人形の東月

アクセス
お問い合わせ

趣味の人形

  • 博多人形
  • 御所人形
  • 風俗人形
  • 別誂人形
                  

御所人形

江戸時代に発達した人形の1つで、三頭身の子供の裸身を題材にしたお人形です。特徴は白い肌をしていて白肉(しらじし)人形とも呼ばれていました。名前の由来は、京都の御所や公卿達から大名への贈り物の返礼として使用された所から「御所人形」の名が付きました。材料は桐を人形の形に彫り、胡粉を塗って仕上げたお人形です。現在も、天皇家でご子息がお生まれになると無事な成長を願い御所人形が贈られています。
page top