人形の東月

アクセス
お問い合わせ
お雛様から始まる幸せ物語り。

雛人形

  • 七段飾り
  • 十人飾り
  • 三段飾り
  • 親王飾り
  • 木目込み人形
  • 市松人形
  • こだわり

市松人形

今から約二六○年ほど前の江戸時代、元文・寛保の頃、江戸に佐野川市松という歌舞伎役者がいました。その美しい若衆姿が女性の間で憧れの的になっていました。佐野川市松が舞台で石畳模様の袴をはくと、たちまち”市松模様”と呼ばれて大人気となりました。そして、市松にそっくりの人形が作られると、人形屋には女性が行列を作ったそうです。これが市松人形と呼ばれるきっかけとなりました。
page top