趣味の人形
Doll of hobby

東月では節句商品のみならず、趣味のお人形も数多く取り揃えておりますので、御紹介致します。

博多人形

1600年(安土・桃山時代)黒田長政の筑前入国、そして舞鶴城建築の際に多くの職人が集められ、その職人の中から素焼き人形が生まれたと言われています。江戸時代後半には正木宗七・中の子吉兵衛・白水武平と言った名工達が活躍して現代の博多人形の下地ができました。明治時代になりパリなどの国際的な博覧会で高い評価を受け日本を代表する人形として「博多人形」の名で知られるようになりました。そして人形の部では全国で初めて「伝統工芸品」に指定されました。

御所人形

江戸時代に発達した人形の1つで、三頭身の子供の裸身を題材にしたお人形です。特徴は白い肌をしていて白肉(しらじし)人形とも呼ばれていました。名前の由来は、京都の御所や公卿達から大名への贈り物の返礼として使用された所から「御所人形」の名が付きました。材料は桐を人形の形に彫り、胡粉を塗って仕上げたお人形です。現在も、天皇家でご子息がお生まれになると無事な成長を願い御所人形が贈られています。

風俗人形

雛人形と並ぶ代表的な衣裳着人形で、ケースに入れて観賞用とされます。人形は時代風俗、とくに能、狂言、演劇、舞踊に題材を得たものが多く、春駒・お三輪・道成寺・汐汲・藤娘などがあります。テーマが多様であるだけに、髪型、衣裳などの時代考証に苦慮しますが、それだけに制作者の創造性と技量が発揮される分野です。

別誂え人形

お問い合わせ
Contact

お名前 必須

メールアドレス 必須

お問い合わせ内容 必須