提灯

大内行灯

大内行灯とは、足が付いた置き型の提灯のことをいい、回転灯と銘木大内行灯とに分けることができます。お盆の時期、ご先祖様が祀られていることが多い大内(家の中で一番良いとされる場所)に飾られるため、三本脚の提灯を大内行灯と呼ぶようになったそうです。現在の形は岐阜提灯の元祖、勅使河原直次郎翁によって明治中期に開発されました。三本脚の安定した美しいデザインは、お盆用ばかりでなく、葬儀や室内インテリア、納涼用など多岐にわたり利用されました。御仏前には左右一対で飾られる傾向があります。

特に決まりはないようですが、仏さまのお飾りは左右対称(左右一対)が基本とされているため、一対が望ましいとされているようです。

人形の東月は、福島県いわき市・郡山市・福島市で日本唯一の「炭胴のお雛さま」をはじめ、人形メーカーとして全国200件を超える人形氏・地域専門メーカー・職人と融合。正月飾り・ひな人形・五月人形・美術工芸品の掛軸・リヤドロ・趣味の小物等々、東日本最大級の品揃えで常時展示しております。

人形の東月
いわき総本店

福島県いわき市自由が丘61-7

0246(28)3675

9:00~18:30

人形の東月
郡山本店

福島県郡山市下亀田22-1

024(939)3160

9:00~18:30

人形の東月
福島御山本店

福島県福島市御山字中川原80-1

024(534)0543

9:00~18:30

お問い合わせ
Contact

お名前 必須

メールアドレス 必須

お問い合わせ内容 必須